ショートなETF2017

夜が苦手な故障中の中年ジョガーがETFやデリバティブの世界からマーケットを見て、厚かましく未来を綴ります。

当たらない年後半のマーケット予想

緊張感のない日々を過ごしている
オッサンです。。。(^_^;)


学校に行っていた頃は夏休みが
楽しみでワクワクしていた7月
だったんですがねええ~(*´Д`*)



はい、本題。。


マーケットの状況はニュートラル。。
週明けからやや売られる可能性
はありますが、現時点では大きく
下落する可能性はありません。。(=^ェ^=)


株価やコモディティに関しては動意
がないので、先週は為替と債券だけ。。


為替は、USD売りがETFのメイン
シナリオ。。
現時点ではややオーバーシュート
しているので、反動はあるでしょうね。。


ZARは強くはないですが、大きく下落
する予想はありません。(^◇^)


債券は、米国、独国、英国、日本の
いずれも利回り上昇(=価格下落)。。
これもメインシナリオ。。


ただ、株価は・・・
この状況が継続すると、夏にはやや
調整局面に突入。。


春先に比べ随分良化予想になって
いるので、大きな下落はないでしょう
が、先月初めまで強気だった米国
の航空関連株が弱気予想に。。(´༎ຶོρ༎ຶོ`)


DIA(米国ダウ平均株価)でのウェート
の高いBA(ボーイング)が↓ですので
厳しいのですが、この夏はKO(コカ
コーラ)やDIS(ディズニー)が
"一時的に〝支えてくれそう。。(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎


米国株価は想像以上に強いですね。。ᕦ(ò_óˇ)ᕤ


というわけで、米国債券が順調に下落
し、USDが極端に上昇しなければ、
負のスパイラルが起こる可能性
は低いのでは。。


コモディティはユックリとした下落予想。。
これは年初のシナリオとは正反対。。

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


現在の長期金利上昇基調&これ以上
の極端なUSD安が望めない状況では
上昇は無理。。


年前半で上昇したGoldは、株価下落時
に上昇しても格好の売り場となるため、
1250を大幅に超えることは難しいで
しょうね。。(-.-;)y-~~~


Crude Oilは大幅下落しないでしょうが
Goldとシンクロしてユックリ下落。。


なので、インフレは加速しません。。
その状況下でFRBのバランスシート縮小
ですから、相反することに。。(~_~;)


年後半もFRBの金融政策から目が離せ
ませんネ。。(^-^)


ではまた (^_−)−☆