ショートなETF2017

夜が苦手な故障中の中年ジョガーがETFやデリバティブの世界からマーケットを見て、厚かましく未来を綴ります。

割高な欧州

ヒマなので続けいているブログですが、その割には
誤字脱字が多い・・・・・ご勘弁を。。。


そして、眞子様ご婚約おめでとうございます。。
結婚は若い時期にするのが一番。。
30過ぎてくると男性の年収なんかで決める女性が
おおくなりますし、男性も年齢や見た目ばかりを
重視したりしますので、ダメ。。


ウチも若かったけど・・こんな風に変貌するとは。。



はい、本題。。


先に書きましたインド株のETFであるEPIもそうなん
ですが、欧州諸国も株価も同じ。。


↑には2017年になって随分高騰しているオース
トリアのEWO、EURO Stoxx50のFEZ、米国ダウ
工業のDIAを載せました。。


今年に入り、エマージングのEPIと同じぐらい上昇。。


先週末の金曜も、1%を越えて上昇したのは、
ややマイナーなオーストリア、フィンランド、ポーランド
ポルトガル、スペインの株価。。


これは、ポルトガルを除いて、ETFのヨーロッパ
セクター内ではウエートの高い国ばかりなので、
パフォーマンス重視で資金が積極的に投入されて
いることがわかります。


下落恐怖症になやむ米国とはどえりゃあ~(名古屋
人ではありませんが)違い。。


欧州株価のテクニカル的な調整については、
オランダ選挙、先のフランス大統領選挙を切り
抜けてきた背景はあるものの、米国株の下落開始
もあるため・・・・・さすがに限界と感じますね。。


ちなみに、ETFのヨーロッパセクターで最もウェート
が高いものは、やはりFEZで、取引量もダントツ。。


なので、欧州危ないじゃね?って言いたいところ
ですが、本音はドーバー海峡の向こうの英国株が
一番あぶないと感じます。。


GBP安で揺さぶってくる!!


定期的にやってくるやつですよ。。


GBP/USDのボラも4台まで落ちてるし、下限も
1.25そこそこなので、ちょっとあげてズドンと下げ
れば、直ぐに底割れ。。


英国株も下落してシンクロしそうなタイミングなので、
要注意。。


兎に角、欧州や英国には近づかないのが一番。。


じゃあ~海外株の投資信託もヤバイいんじゃね?


と直ぐにピーンと来る方は・・次の更新もお読み
ください。。


ではまた