ショートなETF2017

夜が苦手な故障中の中年ジョガーがETFやデリバティブの世界からマーケットを見て、厚かましく未来を綴ります。

そしてまた

会社に行くとイライラしてしまい、5月病には
程遠いオッサンです。。。


尋常じゃねえ~(*`へ´*)



はい、本題。。


確定拠出向けアクティブ型投資信託である
ラッセル海外株式ファンドに対抗できるもの
を探していますが・・・これがなかなか無い。。(−_−;)


メジャーどころは探し終わったので、その他
を調べますが無駄かも。。。(⌒-⌒; )


なぜなら・・・・先物比率がすごい。。


4月に入り13%まで上げているう~しい。。

(((o(*゚▽゚*)o)))


売買手数料が増えて大変と思った3月までは
6%ぐらいでしたが、更に増やすとは。。

♪───O(≧∇≦)O────♪


ちなみに株式先物を使うとどんなメリットがある
かというと、簡単に・・・
年末の株式が下落すると市場が考えている
場合は、12月限の先物価格は現物の価格
より安く売買されているので、安価に購入でき
市場が下落しなければ現物との価格差を
利益にできるなど。。*\(^o^)/*


ということで、投資家サイドにはメチャメチャ
メリットがありますが、当然売買手数料が
増えるので他のファンドではある意味自腹を
切った状態で、ここまでの比率まで増加させ
るわけはなく、そんなものは見たことがあり
ません。。V(^_^)V


なので、13%ぐらいの銘柄は先物の満期
まで固定できるっていう確固たる自信の表れ
でしょうね。。


それにこの難しい状況の中でインデックス
ファンドなどとの運用成績の差を決定的に
つけてやるという強い意気込みが感じられ
ますなあ。。o(^▽^)o


とイロイロ褒めてもなにも貰っていません
ので。。。(^O^)/


ここまでいい投資信託があると、日本国債
買って暴落に備える方が、リスク&リターン
のバランスが悪いと思えてきます。。


兎に角ラッセルの銘柄選定でもマーケットは
↓と言っているので、注意してトレードして
いきますよ。。


ではまた (^_−)−☆