ショートなETF2017

夜が苦手な故障中の中年ジョガーがETFやデリバティブの世界からマーケットを見て、厚かましく未来を綴ります。

積み立て用アクテイブ型投信の逆襲 その1

マーケットとはまーったく関係ない個人事
ですが、辛酸を舐めています。。_| ̄|○


これもトレードの糧にしましょう。。ᕦ(ò_óˇ)ᕤ



はい、本題。。


今回は三連休特別企画!!で積み立てのこと。


最近、金融機関からのいいアイディアで、
投資信託なんかの積み立てブームが起こって
いるみたい?・・・・・いいことですね。。。(๑・̑◡・̑๑)


確定拠出もその1つ。。


で、積み立てに最適な商品ってわかります?

ʕʘ‿ʘʔ


まず、株式のインンデックですが、組み入れ
銘柄数の多い投信は・・・・××(-_-;)


積み立て投資は、究極のバリュー&グロース
戦略方法。。o(^o^)o


銘柄数が多いと、バリュー株が含まれて
いても投資資金が過剰に分散してしまい、
投資効果が薄れてしまいます。。>_<


銘柄数が1000とか2000の株式インデックス
投信なんてもってのほか。。

ʅ(◞‿◟)ʃ


なので、経費はかかりますが、実は・・・・・・
銘柄数が少ない・・・・


アクティブ系~がいいんですよ!!


それでいてベンチマークを安定して上回る
もの。。


同じアクティブ系投信に、時間をかけてユッ
クリと積み立てていくと、上昇する銘柄ほど
投信でのウェート比率が高くなり、逆にダメな
銘柄は株価が低迷するため、比率は低下
する現象が生じます。(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎


そうなると、同じ金額を投資していても、強い
銘柄に多く配分され、低迷している銘柄には
少なく配分されるグロース戦略が気が付かない
うちに実行されていることになります。。


すごいでしょ~( ̄∀ ̄)


特に株式が下落しているときはその影響は
顕著になるため、投信の基準価格が低下した
時に買うと、先ほど書いた究極のバリュー&
グロース戦略になります。。

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


これにピッタリな投信といえば、例えば・・・・


有名な・・・
SBIのDC用中小割安株のジェイリバイブ。。
(回し者ではありません)m(._.)m


当然アクティブ!!!!


割安な株を銘柄数を52に絞って組み入れ
られているので、先ほどの戦略にもマッチして
います。


それに、値動きのいい中小株であることに加え
資金流入も継続しているので、基準価格は
沸騰中でしょう!)^o^(


それにアクティブなら割高になってきた銘柄
を売り、別の割安と思われる銘柄に逐次
変更してくれるので、基準価格が上がっても、
銘柄全体のPERは上がらないように調整
してくれます。。


ですから、基準価格高い=割高  
ではないんですよ。。(@_@)


こんな基準で探せば、いいアクティブ投資信託
なんて、昔からのものも含めわんさかで
てきますし、それをNISAやiDOCOで積み立て
ればいいだけ。。(*´∇`*)


かあ~んたん!!(╹◡╹)♡


さあーーーこんなことを知ると、割安になる暴落
が待ち遠しい方が多くなったのでは。。。


他の商品については次回に、ではまた^_−☆