ショートなETF2017

夜が苦手な故障中の中年ジョガーがETFやデリバティブの世界からマーケットを見て、厚かましく未来を綴ります。

高金利通貨とEEM

今日は休み。。
夏休み取れなかった分は取り返します。ψ(`∇´)ψ



はい本題。。


マーケットのやや下落していますが、調整程度。。
こんな程度でめげてはいけません。。

(=^ェ^=)


主要国とは対照的に、新興国株式ETFである
EEM(iShares MSCI Emerging Markets ETF)
は好調。。

・:*+.\(( °ω° ))/.:+


このため、高金利通貨は持ちこたえている様子。


EEMは中国、韓国、台湾、インドの比率が高い
ので、この国々の株価が調整しない限りは安泰。。(^○^)


これら次に比率が高い国は、ブラジル、メキシコ?


昨今戦争リスクが高まっていても、韓国を除いた
EEM構成国の株価への影響は極めて限定的。。(๑>◡<๑)


ということで北朝鮮のゴタゴタは関係ありません。。


今の調整は主要国株価だけが長期的にも割高
だっただけ。。(´ω`)


落ち着いて静観しましょう。。(@_@)


ではまた (^_−)−☆